ケルプ

無心に遊ぶ、楽しく食べる!米粉とお芋のクッキー

米粉、芋のクッキー

小猿の友達君が遊びに来てくれました。先週からのお約束で夕食を我が家で食べて帰宅の予定なので、今日はのんびりムードの二人です。凸凹コンビの小猿と友達君は相変わらず擬声語を発して会話?をしたり、サッカーをしたりと、大騒ぎ!
その様子を遠くで眺めながら、私もこの位、無心に遊んでいたことがあるのかな?そうだったらいいなぁと思わずにはいられませんでした。実は、もっと凄かったりして!
子供と一緒にいるということで、外でも詩を歌ったり、ブランコに乗ったり、家の前の道に絵を書いたり、縄跳びをしたり、顔に食べ物をつけたりしても「変な人」ではなく「子供と一緒に遊んでいるお母さん」と思ってもらえると、勝手に思い込んで楽しんでいます。私以上に夫は凄いです。
あっという間に外は暗くなり夕食、友達君は「I like the way this rice is cooked.このご飯の炊き方は美味しいですね。」と言うので、私が「毎日ご飯を食べに来ていいよ!」と言うと、数秒考えてから「Probably my parents are missing me. 両親が寂しがるなぁ。」可愛らしい小学校5年生です。小猿ならば、友達の家でそんなことを言われれば「やった!来るよ。」と言いそうです。
米粉、芋のクッキーその後、少しだけチョッピリ甘い物を出しました。
蒸したさつま芋を使って、米粉クッキーを焼いてみました。友達君は一口食べるなり「How many can I have? 幾つ食べていいですか。」と聞いてくれました。お口に合ったようで、小猿母は嬉しゅうございます。
最後に玄関までお見送り。裸足でお迎えの車に向かう友達君に「あれ、靴はどうしたの?」「I didn’t have it today. 今日は履いてこなかったからないよ。」そういえば、友達君の足を家の中で見たときに、黒かったのを思い出しました。

米粉とお芋のクッキー

カリッと焼き上げてクッキーに、半生タイプは和菓子風の食感が楽しめます。甘味控えめの仕上がりとなっています。
生地をまとめて作り、冷凍室で保存できます。

材料

  • 米粉 100g
  • 蒸したさつま芋(カボチャ) 100g
  • 砂糖 20g
  • ココナッツオイル 20g
  • 水 20~40g
  • ケルプまたは塩 ひとつまみ
  • シナモン  適宜

作り方

  1. さつま芋を潰してから全ての材料とよく混ぜ合わせる。
  2. 1.をラップ包み、巻き寿司のように棒状にして冷蔵庫で休ませる。
  3. 生地が少し硬くなったら、5ミリ厚さ切り分ける。この際に、生地の切り口の最後が崩れやすいが、崩れた部分は指の腹で軽く整えることができる。
  4. 180度のオーブンで20分位焼く。
  5. 荒熱が取ると少しだけ硬さが出てきます。Bon Appetit。

発芽玄米とケルプ

発芽玄米
ニュージーランドに居る間に、私がいただくお米は全て輸入米!

そうなのです、ニュージーランドでは稲作をしていません。
お米自分のエネルギー源の多くを占めるお米が海を越えてやって来る!これは半世紀近い私の人生の中で驚愕の変化です。食生活の変化といえば、昨年Dr. の指示で、半年くらい色々な食材を絶っていました。その中の一つは穀物。(パレオではないです)それからは、米に対する執着心が随分薄れました。それでも日本人、新潟県人!お米は大好き!です。
ニュージーランドへ到着し、数日後スーパーでオーストラリアのオーガニック玄米を購入。封を切って中を見ると、外見は日本やアメリカのオーガニック玄米が遥かに粒ぞろいで美味しそう、、、気を取りなおして、お米を選別して発芽玄米にしました。発芽玄米の作り方はいたって簡単です。ただ発酵と腐敗は紙一重なので、注意してくださいね!
タッパーに玄米を入れて、人肌くらい温度の水を玄米が十分に浸る位入れて、ごみが入らないように蓋をします。
少なくとも1日1回水を入れ替えて、発芽を待ちます。0.5ミリから1ミリくらいの芽が2~4日の間に出てきます。
普通に炊飯します。
発芽玄米詳しい栄養等はWikipediaをご覧下さい。
気のせいか気温のせいなのか、発芽までの時間が国内米よりかかりましたが、何とか成功!
バスマティライスやジャスミンジャスミンライスにも混ぜ込んで炊いています。少しプチプチした食感が気に入っています。そして、炊飯する時は必ずニュージーランド産の海藻の一種seaweeds, Laminariales, Kelp(!!)の粉を一つまみ入れて、ヨウ素を補っています。ニュージーランドの土壌にはヨウ素含量が少ないと言うことで、うま味と栄養素の面からも大いに助かっています。ケルプの粉をドレッシングやスープ、そしてお菓子にも隠し味として使っていますよ。